お金についてのお話

賃貸のぼったくり仲介業者ほんと腹立つ。無知すぎるがゆえに軽くカモられた話

3月ですよ3月

3月と言えばあれの季節ですよね

卒業式、ホワイトデー、ひな祭り、

いや違う

賃貸物件ぼったくり祭りの季節です

この季節になると、自分が無知だったゆえに仲介業者に軽くカモられたことを思い出します

あの仲介業者の顔を思い出すと腹立つなぁーーーーーーーーー

めっちゃしらこい顔してた、和牛のツッコミみたいな顔してた

ちなみに和牛の漫才めっちゃ好きです、

てなわけで、今から新しく賃貸物件借りる人にとって

少しでも参考になるように、そしてカモられないように

僕が不動産仲介業者に軽くカモられた話をします

僕のしかばねを越えていってください

こんなとこでカモられた、カモられそうになった

僕が経験したカモポイントはこんな感じ

  • 仲介手数料が家賃の1.1カ月分取られた
  • 各種サービス・商品購入費3万円
  • 業者指定の火災保険をすすめてくる
  • 大家さんと交渉して礼金が0になりました!とか言ってきた
ゆる太郎

それぞれ深堀!

仲介手数料が家賃の1.1カ月分取られたってわけです

法律では、仲介業者が入居者からとっても良い仲介手数料は家賃の0.5ヶ月分までって決まってる
ただし、入居者の同意があれば、0.5ヶ月以上の仲介手数料をとっても良いってのがある

だから見積書に仲介手数料1.1カ月分と記載されている場合

「法律では0.5ヶ月分までしかとれないはずでしょ?訴えちゃうよ?」

的な感じで値下げ交渉するのは重要なわけです

当時まともに勉強もせずに、賃貸アパートを借りようとしてた

だからまんまとカモられた、アホですほんと、

ゆる太郎

みんな気をつけてね!

各種サービス・商品購入費3万円

各種サービス・商品購入費3万円とかいうなぞの高額な項目が見積もられてた

各種サービス・商品購入費の内訳はこれ

害虫駆除費・室内抗菌スプレー2万円
簡易消火器1万円

これが何なのか調べてみたらわかるのだけど、

マジでぼったくりすぎてヤバいらしい

  • 害虫駆除とか室内抗菌とかは、お金だけ請求してまったくやらない
  • やったとしても無意味なスプレーを簡単にシュッシュッして終わり
  • 簡易消火器は何の意味もない無意味なゴミ商品を超割高の1万で販売している

そんなものをまるで必須ですよ!的な雰囲気でしれっと見積書に入ってる

これについてはさすがに怪しかったのではぶいてもらった、危なかった

業者指定の火災保険をすすめてくる

賃貸を契約する際には火災保険は必須なのですが、

業者指定の火災保険を売りつけようとしてくる

※そのマージンで小遣い稼ぎしてるわけです

これがまた、高いくせして大した補償もされないっていう

ぼったくりのゴミ火災保険みたいなんです

火災保険は自分でネットで申込めば、格安でちゃんと補償もきいた商品がごろごろある

自分の場合、ぎりぎりでこの詐欺に気がついて

ゆる太郎

火災保険は自分で入りますね

っていたら

ぼったくり不動産

へーそうですか、はいはーい

って言われた(笑)

大家さんと交渉して礼金が0になりました!とか言ってきた

仲介業者がこんなこと言ってきた

ぼったくり不動産

大家さんと交渉して礼金が66000円から0円になりました!

「え、、!?ありがとう!!!」

って言いたいとこだけど

これもおそらく嘘

ネットでしらべると、仲介業者は大家さんに許可なく勝手に礼金を表記するするらしい

つまり、勝手に自分達で嘘の礼金をだしておいて

ぼったくり不動産

大家に交渉して礼金0になりました!

カモられ客

え!安くなったね!契約しようかしら!

みたいな流れにしようとしてるらしい

これについては、うん、キモイなあと思いました、それだけです

スポンサーリンク

賃貸を借りるときに確実にツッコミをいれた方がいいポイントはここらしい

  • 仲介手数料は上限0.5ヶ月分:交渉しろ!
  • 礼金:交渉しろ!
  • 火災保険:自分で入れ!
  • 書類作成費:断れ!
  • 簡易消火器:断れ!
  • 害虫駆除・抗菌スプレー:断れ!
  • 安心入居サポート:断れ!

※とりあえずここは確実にツッコミをいれよう
※実際他にもツッコミの余地があるところはたくさんあるんだけど

とりあえず賃貸アパートの内覧希望とかだして、アパート見に行くと、見積もりを出される

それがとにかくもりもり

次郎系ラーメンにニンニク、脂、ヤサイ、カラメマシマシに

唐揚げ弁当トッピングってくらいのヤバいもりもり見積書を渡されます

ちゃんと断ったり、交渉しないと、この地獄の次郎ラーメン食べるはめになります

削れるとこは削ろ、その分貯蓄にまわしてこ!

スポンサーリンク

今後賃貸を契約する際にはこんなところに気をつけた方がいいよ【経験談】

今後賃貸を借りるときは、これだけは鉄則として覚えておいた方がと思う

  1. 必ず相見積りをとる
  2. 必ず見積書を持ち帰って検討する
  3. 私情を話しすぎたらダメ
  4. 転居が活発な時期は避ける(2~3月、9~11月)
ゆる太郎

それぞれ深堀!

必ず相見積もりととる

とにかく相見積りを!これだけはマジで鉄則

理由①:その物件の相場がわかる
理由②:他社の見積りを元に交渉できる※重要
理由③:いったん持ち帰るので調べながら冷静に考えることができる

物件探しでよく使うのはSUUMOとかだと思うけど

同じ物件でもだいたい複数の会社のページがありますよね?

それぞれでちゃんと見積りをとる

他社の見積りをみせると驚くほどに値下げしてくれることが多いです

ぼったくり不動産

他社がその価格なら、こちらも頑張らせていただきます

みたいな感じで

僕は当時他社の見積りがなかったので全然交渉に応じてもらえなかった….

必ず見積書を持ち帰って検討する

見積書をもらったら必ず、いったん持ち帰ってください

そして調べながら冷静に考えよう

仲介業者はとにかくその場で仮契約なり頭金の支払いをせかしてきます

やつらは、とりあえず帰ろうとすることをめちゃくちゃ嫌がります

一次会終わりでのしょうもないパワハラ上司と同じくらい嫌がります

僕の経験では、いったん帰ろうとすると

ぼったくり不動産

大丈夫ですか?この物件は人気なのですぐになくなっちゃいますよ?

ってめっちゃ止められた

その日はとりあえず、仮契約してしまった、アホでした

私情を話しすぎたらダメ

自分たちの状況を話しすぎてはいけない

なぜなら、交渉が不利になるから

例えば、僕の場合は

  • 会社の近くで賃貸を決めなければいけない
  • 会社には電車で通勤することになっている
  • 4月から入社なのでそれまでに間に合うように決めたい

こんな感じであらゆる情報を伝えてしまったわけです

その結果、仲介業者からしたら

ぼったくり不動産

ははーん、お前、すぐにきめないとまずい状況ね

こちらの弱みを握られることで、交渉に応じてもらえなくなってくるわけです

だからこちらとしては、無駄にいろんな情報は与えずに

「まあ条件がいいなら住みたいと思ってるかな」

くらいのスタンスでいた方が交渉しやすいだろうなと

転居が活発な時期は避ける(2~3月、9~11月)

引っ越しが活発な時期は避けた方がいい!

なぜなら、交渉に応じてもらえないから

要は、

ぼったくり不動産

お前の代わりなんて他にいくらでもいるからな?

ってなるわけです

僕の当時の状況は、3月、、、はい、全然交渉してもらえなかったです(笑)

ってことでまとめ!

スポンサーリンク

まとめ

こうやってブログでまとめてみて思うのは、

当時の自分、アホすぎ

相見積りも取らないし、引っ越し大盛り上がりの季節に物件決めようとしてるし(笑)

こんなにも世のなかの大人たちが嘘にまみれてるとは思っていなかったのかもしれない

ほんと無知ってこわいなって、、ま、次から気をつけよ!

ではまた!

ABOUT ME
ゆる太郎
2022年1月ブログ開始! ゆるFIRE達成するまでの日々の学びを発信!