雑記とかネタ記事

僕はケチなのだろうか?について

資産形成とか考え始めたらわりとあるあるなのかもしれないのだけど

「お前ってケチだよね」

的な視線で見られることってないですか?

無駄な支出はカットして、できるだけS&P500にブチ込みたいぃぃぃ!

って感じで生活していると、お金関係は嫌でもシビアになってくるよね

でさ、最近彼女から「ケチだよね」的なこといわれたわけです

理由はこんな感じ

  • 支払いはきっぱり分ける
  • 男だけど多めに払ってくれるわけではない

ははーん、なーるほどね、

反論の余地しかない

このお嬢さんなにいってんの???って

ハッキリ言う、

自分はケチではない

こんなことでケチって言われてたら、たまったもんじゃないわほんとって話

こっちには正当な理由つーもんがあるわけよ

みたいなショーもない話を殴り書きします

できれば支払いはキッパリ分けたい派について

個人的にはさ、

支払いはほんとにキッパリ分けたい派なんですよ

  • 友達との外食
  • 彼女との外食
  • 会社の同僚との外食
  • 生活費(同棲)
  • その他こまごましたもの

だってさ、要するに

自分の物は自分で払おうぜ!

っていうめちゃくちゃシンプルで当たり前のことを言っているだけ

幼稚園でもならうでしょ、自分で出したものは自分で片づけましょう!って

これと同じくらいシンプルで当たり前のことだとおもうわけよ

たしかに誰かに奢ってもらうってのはすごく嬉しいよ

お金をそんなに気にすることなく、こどもの頃親といった100円寿司的な感じで無邪気にもりもり食べることができるしね

そういう気持ちもわかるんだけど、、

とりあえず自分の分は自分でちゃんと払えば誰もモヤモヤはしないじゃん?

スシローいって、俺の皿5枚で、お前10枚なのになんで会計一緒なわけよ???

みたいなモヤモヤもなくなるわけですよ

自分の物は自分で払うって、めっちゃ合理的で最高に平等なルールだよねって

もうね、美しいわ、このルール

それにも関わらず、

「支払いキッパリ分けるとかケチだよね、ダサいよね」

みたいなこといってる人ってさ、

自分がなにかしらの金銭的な得をしたいと考えてるのでは?って思う

こんなこと言われたら、きっと

「違うよ、細かい金額だったら、相手に多めに払ってあげるとかが大事だよ」

みたいなこと言うんだろうけどさ、

お前、その状況ずっと続いたら、たぶんイラついてくるよね?うん、間違えない

「なんか毎回こっちが多めに払ってるから、今回は端数切捨てでいい?」

みたいなこと言いだして甘え始めるでしょきっと

こんな考えじゃ利根川が黙ってないよ、カイジのあれよあれ

「クズどもがぁぁ甘えるな!世間はお前たちのお母さんではなぁぁい!」

利根川も相当なクズだったけどさ、

この主張については、

うん、そうだよねって言わざるをえないよね

支払いはキッパリわけよ
やっぱさ自分の物は自分ではらおう

スポンサーリンク

男が多めに払うについて

これってさ、戦前の教えかなにか?

もう古の思想ですよね、うん、古間

今では男女差別とかそんなのは無くしていこう!

っていう世の流れですよね

なら、男だから多めに払おうみたいな理不尽な考えも無くそうよって話

僕自身、女性の仕事環境を整えるとか、給与水準を上げるとか、そんな取り組みってほんと大切だと思うわけです

だってさ、女性だからって理由で悪い待遇を受けるとかめちゃくちゃ理不尽じゃん

そんなことあってはならないよねって思うわけです自分は

男女差別は無くしていくべきだよねってのは絶対大切!

なんだけどなんで、男が多めに払うっていう思想は残り続けるのよ???

お金多めにはらえよ!なぜなら、男だから

いやーそーれーは、理不尽すぎない???

自分たちにとって都合のいいことのみを残そうとしてないか???

なーんか男って雑にあつかわれるよね

そんなことを近所の銭湯で素っ裸で考えてたんだけど

ふと思った

なんで男風呂には普通に女性の従業員が出入りするのだろう???

普通に全身素っ裸男の真横でおばちゃんが掃除してる

ここでもひそかに男って雑にあつかわれてた(笑)

なんか異様な光景だよねあれ、こういうのもなんかなあ、うん、まあいいけど

とにかく理由が「男だから」とかさ、そういうのもう古いよね

スポンサーリンク

そんな話を彼女のお母さんに聞かれた

そういう僕自身の考え方を彼女のお母さんにきかれたわけです

するとお母さんは、

結婚に反対した。

...................................................................................................。

はい、僕はケチでした、僕がすべて悪いです

うん、考え方を改めます、心を洗います

ではまた

ABOUT ME
ゆる太郎
2022年1月ブログ開始! ゆるFIRE達成するまでの日々の学びを発信!