雑記とかネタ記事

家電屋で押し売りしてくる営業のおばはんがしんどかった話【坂上忍みたいな目してた】

家電屋にいったらひたすら押し売りしてくる営業マン、

正直マジできつい

ただただ人の時間をうばってる、友達や恋人との家電をみて楽しむ時間をうばってる

しかも情報量多すぎ、もっと要点まとめてくれ、、

ただひたすらうっすい情報がエクレアの表面のチョコみたいにふわーってかかってくる謎の時間

なんで休日にショッピングを楽しみたくて買い物に来たのに、こんな目に合わないといけないのだろうか?

これって新感覚のエンターテインメントかなにか?って思った

正直マジできついから勘弁してほしい

何があったのかというと、

そろそろいい感じの冷蔵庫でも買いたいな~って思って友達と

家電屋にフラッとよりみちしてみた

個人的には、家電を見るのが好きなのでわくわく

んでまた、たちよった家電屋の冷蔵庫の種類がすごい!!!!

これは安くてコスパいい感じの商品あるんじゃね???とワクワクしながら散策してた

するとずらっと並ぶピカピカの冷蔵庫の隙間から視線を感じました

やたらとギラついた目をしたおばはんがこっちみてる

昼の番組でMCしているとき坂上忍みたいな目のおばはんがこっちみてる

「まじか、こっちくるのかおばはん、」

と思った瞬間、目にもとまらぬ速さでこっちに向かってきた

営業のおばはん

冷蔵庫おさがしですかー?何か困りごとはありますか?

「えっと、だいたい300Lクラスの冷蔵庫を探していて、自動でこおりをつ」

営業のおばはん

それでしたらコチラの○○社のものがおすすめですね!

「まだ僕の話の途中なんだが…」

営業のおばはん

お客様が見たらている冷蔵庫を買うくらいなら、少しグレードの高いコチラの冷蔵庫の方が非常におすすめですね。こちらの冷蔵庫は~

※20分ほどわちゃわちゃと説明

「そうなんですね~(苦笑い)」

すでに友達も疲れてどっかに行ってしまった

営業のおばはん

それでは、この商品で見積もりを取りたいと思いますので、担当のものを呼んできますね!少々おまちくださいね!

「見積もり!?!?!?」

って感じで休日に楽しみたくてショッピングに来たのに、

20分以上の時間を奪われたあげくに、強引に見積もりを取ろうとしてくる営業のおばはんがめっちゃしんどかった

この営業のおばちゃんやべーなと思ったポイント

正直おもったこと、

うさんくさすぎる

なんかわからんけどこれぜったい詐欺やんって思ってしまう感じのやつです

動物的な感覚というか、直感で

「なんかこのおばはんは危ない、避けよ!」

って感じざるをえない感じ

でも元気なのはよい

このおばはんとくにやべーなとおもったポイントは以下

一方的にじゃべりすぎ【コミュニケーションの破断】

コミュニケーションが完全に一方通行、そんで大渋滞してる

割合でいったら「9.7(おばはん):0.3(僕)」くらいの感じ

もうほぼうなずくことくらいしかできない、つらい

カラオケで歌が死ぬほど下手な友達のバラードを5時間きかされるくらいのしんどさ、

しかも情報量が異常におおいという地獄

そんなんこっちで処理できるかいって量の専門用語だらけの情報のシャワーを浴びせられる

この人は家電の取説一冊丸々頭にはいってるんじゃないか?って感じ
(それはそれですごい)

ってわけでとにかく一方通行のコミュニケーションはつらい

特定メーカーのみをすすめてくる【店員じゃなくてメーカーの営業マンやん】

ひたすら特定のメーカーの冷蔵庫だけをおすすめしてくるおばはん

そのとき感づいた、

「このおばはん、店員さんじゃない、メーカーからきてる営業マンや!」

でもさずがに露骨すぎるなあと

少しは、他者の冷蔵庫もすすめつつ、

  • あなたの悩みによりそってるんだよ~
  • あなたのためをおもっていってるんだよ~
  • 私はあなたの味方だよ~

的な雰囲気をだしつつ、最終的に自分のメーカーの商品に流していけばいいのに

このおばはんは違う

マジでストレートドっ直球で自分のメーカーのみをすすめてくるわけです

もはやこの世の冷蔵庫はすべてこの1社から生まれたのである

と言わんばかりに

家電量販店には、店員さんにまぎれて

メーカーの営業マンがうろうろしているので気をつけてくださいね!

これがまた見た目じゃわりとわかりにくい

強引に見積もりをとらせようとする【見積もりはやめてくれ】

極めつけは、うんとも何も言っていないのに

見積もりを取る手続きをしようとしてる

もうとにかくおばはんは強引

そして、必死、おばはん、必死

「それはやめて、シンプルに」

って思った、

言うことはとくにない、それだけ

スポンサーリンク

あのおばはんの営業力が向上する方法について考えたい【寄り添ってほしい】

あのおばはんの営業力を向上させる方法について考えてみたい

これは自分自身の学びにもなりそうだし

とにかく言えることは、

もっとお客さんに寄り添ってほしい

坂上忍みたいな目でもいいから、まずお客さんをちゃんとみてほしい

自分が昔、この人から家電を買いたいなってなったときがあった

その時思ったことは

  • 安くするために全力で頑張ってくれそう
  • 悩みに寄り添ってくれそう
  • メリットデメリットを正直にいってくれる
  • 本音で話してくれてる気がする
  • 話をたくさん聞いてくれる

総じて言えることは、なんかちゃんと寄り添ってくれてるような気がするってこと

なんか正直にいってくれてるし、ちゃんとお客さん側のことを思ってくれてる感がある感じ(嘘なのかもしれないけど)

もっとお客さんの話を聞いて(せめて割合が5:5になるくらいに)

たくさん質問してあげて

いろんな商品を紹介して(他者のメーカーも)

自分自身の正直な感想いって

坂上忍みたいな目でもいいのでちゃんと寄り添ってくれれば、

この家電、買いますか?買いませんか?

「かいまーーーーーーキープで」

くらいにはなるかもしれませんね

そんなわけでおばはん!応援してる!

ではまた!

ABOUT ME
ゆる太郎
2022年1月ブログ開始! ゆるFIRE達成するまでの日々の学びを発信!